みなと子どもの本の学校 2018年度

恐れ入りますが、5月12日はすでに定員となりましたので、お申し込みはお受けできません。ご了承ください。なお他の日程も定員に近づきつつありますので、当日申込なしで直接会場にいらしてもお断りすることがあります。必ず事前申し込みをお願いいたします。

子どもと本の豊かな出合い

 

1.趣旨  子どもたちによい読書環境をつくりたい。そのためには、子どもに本を手渡していく大人の役割が大切になっています。今回は、子どもと本の豊かな出合いの場を様々な場でどのようにつくっていくかを考えるために、「子どもと本の豊かな出合い」というテーマで講座を企画いたしました。

2.対象  図書館・教育や保育現場の方、お父さん、お母さん、学生等、子どもの本や読書に関心のある方。

3.期間  2018428日(土)~623日(土)午後14001600

4.会場 「港区生涯学習センター」(JR新橋駅下車3分)定員40

5.受講費 5回通し4000円、1回 1000円、

(会員・学生・港区在勤/在住 通し2000円 1回 500円)

6.申し込み 「日本子どもの本研究会気付みなと子どもの本の学校運営委員会」

       176-0012 練馬区豊玉北4-4-18-105  

        TEL 03-3994-3961  FAX 03-3992-0362

       (下記の申し込み票に記入の上受講費を添え現金書留で)

7. プログラム  

月 日

新刊

紹介

講 義 内 容 14301600

講 師

 

428

()303号室

 

 

子どもの本この1年をふりかえって 

―2017年の本の動向からー

広瀬 恒子

 

日本子どもの本研究会

5月12

()303号室

幼年文学

子どもの本の選び方―基本図書を考えるー

「面白い本ない?」と聞かれとき、あなたは、その子の読む力に合った、心にズシンと届く本を紹介していますか?小学生への読み聞かせとブックトークの事例から、基本図書につなげる意義と蔵書の選書について考えたい。

 

 代田 知子

埼玉県三芳町立図書館長

 

日本子どもの本研究会

526

()303号室

 

絵 

おひざにだっこのおはなし会

0,1,2歳の絵本・おはなし・わらべうたー

ママ・パパ・祖父母のお膝に抱っこで楽しむおはなし会の絵本やわらべうたをご一緒に学び合いましょう。

*今子どもたちに読んでいる本または読みたい本を2冊程お持ちください。

 

 金澤 和子

 

はぐはぐの樹子ども図書館長

 

日本子どもの本研究会

69

()予定

 

児童文学

学習マンガ いまこれから

いま、どのようなマンガが子どもに手に取られ、どのように読まれているのか。また、学習マンガのそもそもから現在の捉え方までを述べ、更に、数あるマンガ・学習マンガの中からの選書について提起したいと思います。

 

 大江 輝行

 

私立校学校図書館司書

 

日本子どもの本研究会

623

()

予定   

 

科 

 

科学の本を子どもに手渡す

図書館の魅力は文学だけじゃない!読書から離れがちな小学校高学年、中学生男子にも積極的にアピールできる、面白い科学の本を紹介します。図鑑少々、読み物中心です。理科が苦手な人でも大丈夫です。

 

清水 由紀乃

 

杉並区中学校学校司書

 

  

みなと校申し込み

メモ: * は入力必須項目です

会場地図はこちらです。

港区立生涯学習センターばる—ん:港区新橋3−16−3 新橋駅徒歩3分